専業主婦でもキャッシングは可能?

貸金業法の改正で大きく影響を受けたのが、これまで利用が一番多いと言われていた主婦です。

総量規制の完全施行によって収入がなければキャッシングが出来なくなった事で、主婦のキャッシングは大きく変わりました。

総量規制で大きく変わった事

2010年の貸金業法の改正による総量規制が完全施行になりました。総量規制で、消費者金融や信販会社の融資限度額は、年収の3分の1以内と制限されるようになりました。

damedame

これまでは収入のない主婦でも融資が受けられていましたが、総量規制によって、収入がなければ申込が出来なくなりました。同じ主婦でもパートなどで収入を得ている兼業主婦は、これまで通り申込もできます。

収入のない専業主婦は、「配偶者貸付制度」を取り入れている消費者金融なら申込ができます。

この制度は、配偶者の年収と合せた合計の3分の1以内までなら、貸付をしてもよいという「例外規則」で、この制度を使ってお金を借りるには配偶者の同意が必要な事や、この制度は調査や審査に時間がかかるため、中止または廃止にしているところも多く、実際はこの制度は活用されていません。

 

銀行カードローンでキャッシング

消費者金融のキャッシングは、年収が必要ですが、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、審査に通れば融資が受けられます。

基本的には本人に収入がある事になっていますが、カードローンの中には本人に収入がなくても、配偶者に収入が有れば融資が可能な専業主婦専用の商品を取り扱っている銀行もあります。

239997たとえば、イオン銀行カードローンは口座があれば融資限度額50万円まで、三菱東京UFJ銀行「バンクイック」は融資限度額30万円まで即日融資も可能です。

ソニー銀行カードローンも融資限度額50万円までなら即日融資も可能で、本人に収入がなくても申込ができます。

これらのカードローンは24時間申込が可能で、インターネットを使って自宅から申込ができるので、わざわざ店舗へ出向く必要はありません。ただし、審査は専業主婦だからといって、特別なものではなく、一般ローンと同じなので、

クレジットカードや携帯電話の料金、公共料金の支払いなどで遅延や延滞がたびたびあると、審査に通るのが厳しくなるので、これらの支払いは遅れない事が重要になります。