パート・アルバイトでもキャッシングは可能?

039
主婦や学生の中には、パートやアルバイトで生計を助けている人も少なくありません。

毎日の生活において、急にお金が必要になったという事もたびたびあると思いますが、そんな時は、キャッシングの利用もひとつの方法です。

「パートだからお金は借りられない」とあきらめる事はありませんし、即日融資なら申込をした、その日にお金が借りられるので心配する必要はありません。

安定した収入があれば大丈夫

キャッシングでお金を借りる絶対条件として、安定収入がある事が重要になります。週何日以上という決まりはありませんが、1週間の間に何回か決まったシフトがあり、毎月一定金額の収入が有ることが前提になります。

ただし、勤務日数が極端に少ないとか、日雇い労働のように不定期な場合は、難しくなります。

過去には保証人や担保があればキャッシングで借りる事も出来ましたが、現在のキャッシングは、借入をする本人に安定収入があることが条件になります。

 

年収によって借入が難しくなる場合もある

安定した収入が有るからと言って、申込をすれば必ず融資が受けられるとは限りません。キャッシングには審査が有り、審査でチェックされます。

すでに他社で借入があり、その借入残高と今回の希望限度額の合計が、年収の3分の1近く、もしくは超えている場合は、新たな借入は出来ません。

また、パートやバイトの場合、正社員と較べて収入が安定していないと見なされる場合もあるので、審査の結果次第では融資を断られる可能性はあります。

もっともやってはいけない事は「いますぐお金が必要なので、どこでもよいから貸してくれるところ」と思って、一度に複数社へ申込をしてしまう事です。

キャッシング会社は、申込が有れば信用情報機関の個人情報に申込があった事を記入します。そのため、複数社から申込が有った事が記載されていると「よほどお金に困っているようだけど、貸しても大丈夫かな?」と警戒されてしまい、審査に通らなくなります。

そのためには、いきなり申込をするのは避けて、まず「借入前診断」などを利用して、借りられるかどうかをシミュレーションする事がポイントです。

「借入前診断」は何度試しても、個人情報に記載される事はないので、申込をする前に試してみる事をおすすめします。